有価証券報告書を3社、または3期分比較分析できる! いますぐトライアルで試す >>
 






セクション一覧

第一部 【企業情報】

第1 【企業の概況】

1 【主要な経営指標等の推移】

(1) 連結経営指標等

 

回次
第13期
第14期
第15期
第16期
第17期
決算年月
平成19年5月
平成20年5月
平成21年5月
平成22年5月
平成23年5月
売上高
(千円)
2,516,895
3,033,742
3,377,719
経常利益又は経常損失(△)
(千円)
△8,897
339,405
535,982
当期純利益又は当期純損失(△)
(千円)
△696,340
412,439
322,732
純資産額
(千円)
1,154,951
1,594,857
1,820,535
総資産額
(千円)
3,030,640
2,929,661
2,497,242
1株当たり純資産額
(円)
55,452.09
75,748.62
88,337.43
1株当たり当期純利益又は1株当たり当期純損失(△)
(円)
△36,362.43
19,810.77
15,464.70
潜在株式調整後
1株当たり当期純利益
(円)
19,768.99
15,380.68
自己資本比率
(%)
38.1
54.4
72.7
自己資本利益率
(%)
30.0
18.9
株価収益率
(倍)
11.4
13.6
営業活動による
キャッシュ・フロー
(千円)
△48,490
744,859
310,479
投資活動による
キャッシュ・フロー
(千円)
△385,689
△118,487
△421,356
財務活動による
キャッシュ・フロー
(千円)
716,159
△744,660
△652,276
現金及び現金同等物
の期末残高
(千円)
1,410,635
1,292,347
529,194
従業員数
(外、平均臨時雇用者数)
(名)
148
(18)
150
(25)
166
(32)

(—)
(—)

(注) 1 当社は、第15期に子会社を清算し、連結子会社がなくなったため、第16期より連結財務諸表は作成しておりません。

2 売上高には、消費税等は含まれておりません。

3 従業員数は、就業従業員であり、欄の( )書きは外数で、臨時従業員の平均雇用人数であります。

4 第13期の潜在株式調整後1株当たり当期純利益については、潜在株式が存在しますが、1株当たり当期純損失であるため記載しておりません。

 

 

(2) 提出会社の経営指標等

 

回次
第13期
第14期
第15期
第16期
第17期
決算年月
平成19年5月
平成20年5月
平成21年5月
平成22年5月
平成23年5月
売上高
(千円)
1,889,307
2,685,832
3,377,719
2,537,015
3,056,296
経常利益
(千円)
53,665
385,984
528,021
36,739
511,605
当期純利益又は当期純損失(△)
(千円)
△718,636
432,254
313,532
△766,780
434,520
持分法を適用した場合の
投資損失(△)
(千円)
△2,456
△602
資本金
(千円)
772,207
785,527
785,527
785,527
785,527
発行済株式総数
(株)
20,805
21,027
21,027
21,027
21,027
純資産額
(千円)
1,157,951
1,617,671
1,834,149
985,631
1,423,407
総資産額
(千円)
2,976,092
2,925,186
2,510,856
1,882,032
2,177,199
1株当たり純資産額
(円)
55,596.27
76,833.64
88,999.72
47,705.86
68,823.27
1株当たり配当額
(内1株当たり
中間配当額)
(円)
(円)

(—)
2,500
(—)
4,000
(—)

(—)
(—)
1株当たり当期純利益
又は当期純損失(△)
(円)
△37,526.68
20,762.55
15,023.84
△37,300.22
21,137.37
潜在株式調整後
1株当たり当期純利益
(円)
20,718.76
14,942.22
20,913.56
自己資本比率
(%)
38.9
55.2
72.9
52.1
65.0
自己資本利益率
(%)
31.2
18.2
36.3
株価収益率
(倍)
10.9
14.0
15.7
配当性向
(%)
12.0
26.6
営業活動による
キャッシュ・フロー
(千円)
354,988
698,841
投資活動による
キャッシュ・フロー
(千円)
△402,282
△89,582
財務活動による
キャッシュ・フロー
(千円)
312,610
△169,178
現金及び現金同等物の
期末残高
(千円)
794,511
1,234,592
従業員数
(外、平均臨時雇用人員数)
(名)
122
(7)
132
(13)
166
(32)
156
(28)
144
(12)

(注) 1 売上高には、消費税等は含まれておりません。

2 第13期、第14期、第15期の持分法を適用した場合の投資損失については、連結財務諸表を作成しているため、記載しておりません。

3 第15期の1株当たり配当額には、創立15周年記念配当1,000円を含んでおります。

4 第13期、第16期の潜在株式調整後1株当たり当期純利益については、潜在株式が存在しますが、1株当たり当期純損失であるため記載しておりません。

5 第13期、第16期の株価収益率については、当期純損失であるため記載しておりません。

6 第13期、第14期、第15期の営業活動によるキャッシュ・フロー、投資活動によるキャッシュ・フロー、財務活動によるキャッシュ・フロー及び現金及び現金同等物の期末残高については、連結財務諸表を作成しているため、記載しておりません。

7 従業員数は就業人員であり、欄の( )書きは外数で、臨時従業員の年間平均雇用人員数であります。

 

 

2 【沿革】

年月
事項
平成6年6月
ゲームソフトの受託開発を主たる事業として、東京都新宿区市ヶ谷左内町27番地に株式会社ケイブを資本金1,500万円で設立
平成7年6月
本社を東京都新宿区箪笥町13番地に移転
平成11年2月
エヌ・ティ・ティ移動通信網株式会社が「iモードサービス」を開始
「ステラ占いランド」(現「愛ナビ恋天使」)を「iモード」向けへ配信開始し、インフォメーションプロバイダー事業を開始
平成12年4月
有限会社浅野八郎事務所と携帯電話を通じたコンテンツ配信にあたっての独占契約を締結
平成13年2月
本社を東京都新宿区神楽坂一丁目1番地に移転
平成13年4月
米ハーフノート社と携帯電話を通じたコンテンツ配信にあたっての独占契約を締結
平成13年9月
財団法人新星東京フィルハーモニー交響楽団と携帯電話を通じたコンテンツ配信にあたっての情報提供契約を締結
平成13年9月
ケイディーディーアイ株式会社「EZweb」向け、ジェイフォン東日本株式会社「J-sky」向けへそれぞれコンテンツ配信を開始
平成14年4月
業務用シューティングゲーム「怒首領蜂大往生」を発売
平成14年9月
ゲームコンテンツ「ゲーセン横丁」を「iモード」向け配信開始
平成14年9月
米ニューヨーク近代美術館と携帯電話を通じたコンテンツ配信にあたっての独占契約を締結
平成16年12月
大阪証券取引所ヘラクレス(現大阪証券取引所JASDAQ(スタンダード))に株式を上場
平成17年6月
クレイズカンパニー株式会社の全株式を取得
平成17年7月
株式会社ケイブ・オンライン・エンターテイメントを設立
平成18年2月
ミニ四駆ネットワークス株式会社(現:関連会社)を設立
平成19年2月
ガンホー・オンライン・エンターテイメント株式会社と資本および業務提携
平成19年4月
オンラインゲーム「女神転生IMAGINE」正式サービス開始
平成19年5月
株式会社マルハンとデジタルメディア事業について業務提携
平成19年6月
タボット株式会社を設立
平成20年6月
ビーズマニア株式会社の全事業について事業を譲受
平成22年1月
(株)ディー・エヌ・エーが運営するケータイ総合ポータルサイト「モバゲータウン」へソー  シャルメディア・アプリの提供開始
平成22年5月
コマース事業の一部譲渡ならびに事業の廃止
平成22年6月
タボット株式会社の全株式を売却
平成23年8月
グリー株式会社と資本および業務提携

(注) 1 エヌ・ティ・ティ移動通信網株式会社は平成12年4月1日付けで株式会社エヌ・ティ・ティ・ドコモに商号変更しております。

2 ジェイフォン東日本株式会社は、平成13年11月1日付けでジェイフォン株式会社となり、さらに、平成15年10月1日付けでボーダフォン株式会社となり、さらに、平成18年10月1日付けでソフトバンクモバイル株式会社に商号変更しております。

3 「J-sky」は、平成15年10月1日付けで「ボーダフォンライブ!」に名称変更し、さらに、平成18年7月27日付けで、「Yahoo!ケータイ」に名称変更しております。

4 ケイディーディーアイ株式会社は、平成14年11月1日付けで登記上の名称をKDDI株式会社に変更しております。

5 クレイズカンパニー株式会社は、平成17年7月6日付けで登記上の名称をビーズマニア株式会社に変更しております。

 

3 【事業の内容】

当社グループは、当社(株式会社ケイブ)と、関連会社1社(ミニ四駆ネットワークス株式会社)により構成され、ソーシャルメディア・アプリ事業、インフォメーションプロバイダー事業、オンライン事業、ゲーム開発事業を展開しております。事業系統図は以下のとおりであります。
 なお、主にゲーム開発事業での企画・開発を行っておりました関連会社タボット株式会社について、平成22年6月18日に全株式を譲渡した結果、当社の関係会社ではなくなりました。

 

 


 

 

4 【関係会社の状況】

名称
住所
資本金
主要な事業の
議決権の
関係内容
内容
所有割合
(関連会社)
 
(千円)
 
(%)
 
ミニ四駆ネットワークス㈱
東京都
30,000
オンライン事業
50.00
オンライン事業の企画・販売
新宿区
役員の兼任3名

 

(注)  主な事業の内容欄には、当社におけるセグメントの名称を記載しております。

 

5 【従業員の状況】

(1) 提出会社の状況

平成23年5月31日現在

従業員数(名)
平均年齢(歳)
平均勤続年数(年)
平均年間給与(円)
144
 (12)
29.5
4.1
4,481,543

 

セグメントの名称
従業員数(名)

 

ソーシャルメディア・アプリ事業
44
(4)
インフォメーションプロバイダー事業
17
(4)
オンライン事業
47
(4)
ゲーム開発事業
21
全社(共通)
15
合計
144
(12)

(注) 1.従業員数は就業人員であり、欄の( )書きは外数で、臨時従業員の年間平均雇用人員数であります。

2.従業員数は、就業人員であります。

3.平均年間給与は、賞与及び基準外賃金を含んでおります。

4.全社(共通)は、人事総務及び経理等の管理部門の従業員であります。

(2) 労働組合の状況

労働組合は結成されておりませんが、労使関係は円満に推移しております。

 





出典: 株式会社ケイブ、2011-05-31 期 有価証券報告書