有価証券報告書を3社、または3期分比較分析できる! いますぐトライアルで試す >>
 






セクション一覧

5【役員の状況】

役名

職名

氏名

生年月日

略歴

所有株式数

(株)

代表取締役社長

 

山村 信一

昭和21年1月18日生

昭和43年4月 大和証券㈱(現㈱大和証券グループ本社)入社

平成6年6月 同社取締役

平成9年6月 同社常務取締役

平成11年4月 ㈱大和証券グループ本社代表取締役専務取締役(CFO)

平成13年6月 大和証券㈱代表取締役副社長

平成15年6月 当社代表取締役社長(現任)

112

代表取締役副社長

 

平林 正樹

昭和21年6月17日生

昭和44年4月 大和証券㈱(現㈱大和証券グループ本社)入社

平成8年6月 同社取締役

平成11年4月 大和証券㈱常務取締役

平成13年5月 大和証券エスエムビーシー㈱常務執行役員

同年6月 同社代表取締役専務取締役

平成16年6月 当社代表取締役副社長(現任)

33

専務取締役

事業投資本部長

大谷 養

昭和24年1月2日生

昭和46年4月 大和証券㈱(現㈱大和証券グループ本社)入社

平成2年7月 同社事業法人営業第二部長

平成11年1月 同社エクイティ部長兼外国プロダクト部長

平成11年4月 大和証券エスビーキャピタル・マーケッツ㈱(現大和証券エスエムビーシー㈱)執行役員

平成15年6月 当社専務執行役員

同年同月 当社専務取締役(現任)

34

専務取締役

国際本部長

松場 清志

昭和26年2月18日生

昭和48年4月 大和証券㈱(現㈱大和証券グループ本社)入社

平成元年1月 大和シンガポールLtd.社長兼大和フューチャーズPte.Ltd.社長

平成11年4月 ㈱大和証券グループ本社執行役員

平成11年10月 大和証券エスビーキャピタル・マーケッツ㈱(現大和証券エスエムビーシー㈱)執行役員

平成15年6月 同社常務執行役員

平成17年4月 当社専務執行役員

同年6月 当社専務取締役(現任)

役名

職名

氏名

生年月日

略歴

所有株式数

(株)

専務取締役

業務本部長

髙﨑 準二

昭和23年8月13日

昭和48年4月 大和証券㈱(現㈱大和証券グループ本社)入社

平成4年6月 同社事業法人第三部長

平成12年6月 ㈱大和証券グループ本社執行役員

平成15年6月 同社常務取締役兼執行役員

平成16年5月 大和証券㈱常務執行役員

平成17年4月 当社専務執行役員

同年6月 当社専務取締役(現任)

常務取締役

投資本部長

志形 雄三

昭和21年11月1日生

昭和45年4月 大和証券㈱(現㈱大和証券グループ本社)入社

平成11年4月 大和証券エスビーキャピタル・マーケッツ㈱(現大和証券エスエムビーシー㈱)参与

平成12年2月 大和証券投資信託委託㈱執行役員

平成15年6月 同社取締役兼常務執行役員

平成16年6月 当社常務執行役員

同年同月 当社常務取締役(現任)

18

監査役

(常勤)

 

山路 輝久

昭和20年2月18日生

昭和42年4月 大和証券㈱(現㈱大和証券グループ本社)入社

昭和63年1月 同社国際営業部長

平成9年7月 同社アジア・オセアニア副本部長

平成13年4月 大和証券エスエムビーシー㈱企業年金推進室長

平成14年6月 当社監査役(現任)

5

監査役

(常勤)

 

迫間 忠司

昭和22年11月5日生

昭和47年4月 大和証券㈱(現㈱大和証券グループ本社)入社

平成5年2月 同社秋田支店長

平成11年6月 大和インターナショナル信託銀行㈱執行役員

平成12年2月 大和証券エスビーキャピタル・マーケッツ㈱(現大和証券エスエムビーシー㈱)地域法人部長

平成15年7月 同社監査役室長

平成16年6月 当社監査役(現任)

10

役名

職名

氏名

生年月日

略歴

所有株式数

(株)

監査役

(非常勤)

 

富永 繁治

昭和26年3月13日生

昭和48年4月 大和証券㈱(現㈱大和証券グループ本社)入社

平成4年7月 同社大阪支店事業法人第一部長

平成9年2月 同社金融法人第一部長

平成16年5月 大和証券㈱参与内部監査部長

平成17年4月 大和証券エスエムビーシー㈱顧問

同年6月 当社監査役(現任)

監査役

(非常勤)

 

大胡 誠

昭和33年4月6日生

昭和61年4月 弁護士登録(東京弁護士会)

柳田野村法律事務所入所(現任)

(平成12年10月より平成14年3月まで㈱大和証券グループ本社経営企画第一部及び法務監理部勤務)

平成14年6月 当社監査役(現任)

 

 

 

 

212

 (注)1 監査役山路輝久、迫間忠司、富永繁治及び大胡誠は、「株式会社の監査等に関する商法の特例に関する法律」第18条第1項に定める社外監査役であります。

2 当社は、意思決定・監督機能と業務執行機能の分離により取締役会の活性化をはかるため、執行役員制度を導入しております。執行役員は、次のとおりであります。

 

執行役員

 

榊原 勇

和通国際股份有限公司(Hotung Investment Company Ltd)出向

 

執行役員

 

谷口修一

事業投資副本部長 兼国際副本部長

 

執行役員

 

日尾民明

業務副本部長 兼エヌ・アイ・エフ事務サービス(株)代表取締役社長

 

執行役員

 

山澤修一

投資副本部長(投資第一グループ、投資第二グループ、投資第三グループ担当)

 

執行役員

 

中川秀登

投資副本部長(業務企画第一グループ、業務企画第二グループ、投資企画グループ担当)

 

執行役員

 

池田謙次

投資副本部長(投資第四グループ、投資第五グループ、企業開発グループ担当 兼企業開発グループマネージャー)

 

執行役員

 

実歳英雄

投資副本部長(関西支社長)

 

6【コーポレート・ガバナンスの状況】

当社は、健全で透明性が高く、事業環境の変化に迅速に対応できる経営体制の確立が重要と考えており、株主・投資家の皆様への適時適切な情報の開示、また取締役会、監査役会その他重要な会議体の機能の充実に努めております。

 

(1)コーポレート・ガバナンスに関する基本的な考え方

 当社は、コーポレート・ガバナンスの充実を図るべく、業務執行の責任と権限を明確にして機能強化を図る一方、監査役による独立した監査機能の強化を図っております。

また、当社は、VC投資及びバイアウト投資のようなプライベート・エクイティビジネスの事業特性上、事業環境の変化に迅速に対応できる経営体制を確立し、内部統制が十分に機能する経営体制が重要と考えております。

 

(2)コーポレート・ガバナンスの充実に向けた取組みの最近1年間における実施状況

お客様・株主・投資家をはじめとするあらゆるステークホルダーに対して、当社の重要な情報を公正かつ適時適切に開示するための規程を制定するとともに、基本的な考え方をまとめた「ディスクロージャー・ポリシー」を制定しました。また、そのディスクロージャー・ポリシーに基づき設置された「ディスクロージャー委員会」において必要な情報を把握し、開示の決定を行っております。

 

(3)内部監査及び監査役監査の状況

当社では、業務執行から独立した代表取締役直轄の内部監査部門として内部監査室を設置しております。内部監査室は、当社の業務執行部門の内部統制を整備するとともに内部監査を所管し、内部統制の体制向上を図っております。また、内部監査室は、投資委員会、投資管理委員会及び有価証券管理委員会等の各種会議体におけるリスク管理の状況を常時監視し、内部統制活動の強化・充実に寄与しております。

当社は平成16年6月に、内部統制の強化と円滑かつ効率的な推進のために、取締役、執行役員および監査役を構成員とし、代表取締役社長を議長とする業務監査会議を設置しました。この業務監査会議においては、内部監査計画が承認され、当該計画にそって実施される内部監査結果が報告されるとともに、内部管理体制の強化・推進状況等についても報告されます。

こうした体制の下、①業務の有効性と効率性、②財務報告の信頼性、③法令諸規則遵守の観点から、一層の内部統制システムの拡充を図っております。

 

当社の監査役は、常勤2名、非常勤2名で監査役会を構成しておりますが、常勤監査役は業務執行の意思決定に係る会議体にすべて出席して、当該監視機能を果たすとともに、各部門への実地監査や稟議書等の書類監査を通して、監査役監査の充実を図っております。また、特に、非常勤監査役の1名は弁護士ということもあり、監査役会での情報共有を通じて、法令遵守に係る事項の業務監査についても強化を図っております。

 

(4)会計監査の状況

当社の会計監査業務を執行した公認会計士は、森公高氏、山田雄一氏、小澤陽一氏の3名であり、あずさ監査法人の指定社員であります。継続関与年数は3名とも7年以内であります。会計監査業務に係る補助者は、公認会計士6名、会計士補7名、その他2名であります。

 

(5)社外取締役及び社外監査役との関係

当社に社外取締役はおりません。監査役の4名は全員が社外監査役であります。社外監査役のうち2名は、有価証券報告書提出日現在で当社株式を15株保有しておりますが、当社と社外監査役の間に、人的関係または取引関係その他の利害関係はありません。なお、社外監査役の所有株式数は「5 役員の状況」に記載しております。

 

(6)役員報酬の内容

役員報酬は次のとおりであります。

区   分

取締役

監査役

 

支給人員

支給額

(百万円)

支給人員

支給額

(百万円)

支給人員

支給額

(百万円)

定款又は株主総会決議に基づく報酬

8名

178

5名

30

13名

208

利益処分による役員賞与

6名

20

6名

20

株主総会決議に基づく退職慰労金

3名

94

1名

5

4名

99

293

35

328

(注)1.取締役の支給人員8名には、当期中において退任及び辞任した取締役4名を含んでおります。監査役の支給人員5名には、当期中において退任した監査役1名を含んでおります。

2.平成17年3月31日現在当社に社外取締役はおりません。

3.上記の監査役に対する報酬30百万円のうち、27百万円は社外監査役4名に対する報酬であります。

 

(7)監査報酬の内容

 当社のあずさ監査法人への公認会計士法(昭和23年法律第103号)第2条第1項に規定する業務に基づく報酬は21百万円であります。

第5【経理の状況】

 

1.連結財務諸表及び財務諸表の作成方法について

(1)当社の連結財務諸表は、「連結財務諸表の用語、様式及び作成方法に関する規則」(昭和51年大蔵省令第28号。以下「連結財務諸表規則」という。)に基づいて作成しております。

 

(2)当社の財務諸表は、「財務諸表等の用語、様式及び作成方法に関する規則」(昭和38年大蔵省令第59号。以下「財務諸表等規則」という。)に基づいて作成しております。

 

2.監査証明について

 当社は、証券取引法第193条の2の規定に基づき、前連結会計年度(平成15年4月1日から平成16年3月31日まで)及び第21期事業年度(平成15年4月1日から平成16年3月31日まで)並びに当連結会計年度(平成16年4月1日から平成17年3月31日まで)及び第22期事業年度(平成16年4月1日から平成17年3月31日まで)の連結財務諸表及び財務諸表について、あずさ監査法人による監査を受けております。

 

 





出典: 大和SMBCキャピタル株式会社、2005-03-31 期 有価証券報告書