有価証券報告書を3社、または3期分比較分析できる! いますぐトライアルで試す >>
 






セクション一覧
(セグメント情報)

【事業の種類別セグメント情報】

事業の種類として「薬局事業」及び「その他の事業」に区分しておりますが、前連結会計年度及び当連結会計年度については、全セグメントの売上高の合計、営業利益及び全セグメントの資産の金額の合計額に占める「薬局事業」の割合が、いずれも90%を超えているため、事業の種類別セグメント情報の記載を省略しております。

 

【所在地別セグメント情報】

前連結会計年度及び当連結会計年度において本国以外の国又は地域に所在する連結子会社及び重要な在外支店はありません。

 

【海外売上高】

前連結会計年度及び当連結会計年度において海外売上高はありません。

 

【関連当事者との取引】
前連結会計年度(自 平成18年4月1日 至 平成19年3月31日)

(1) 役員及び個人主要株主等

 

属性
会社等
の名称
住所
資本金又
は出資金
(千円)
事業の内容
又は職業
議決権等
の所有
(被所有)
割合
関係内容
取引の内容
取引金額
(千円)
科目
期末残高
(千円)
役員の
兼任等
事業上
の関係
役員及びその近親者が議決権の過半数を所有している会社等
㈱ハーモニーグリーン
東京都
千代田区
800,000
健康食品の輸入販売
当社取締役梶弘幸が84.5%を
直接保有 (6.0%)
兼任1名
資金の貸付
(注)
850,000
㈱エイチ  ジーシステム
東京都
台東区
30,000
システム 開発・販売
当社取締役梶弘幸が84.5%を
間接保有 (—)
兼任1名
資金の貸付
(注)
2,400,000
受取利息
7,383

取引条件及び取引条件の決定方針等

(注)資金の貸付については、市場金利を勘案して利率を合理的に決定しております。

   なお、担保は受け入れていない。

 

(2) 子会社等

属性
会社等
の名称
住所
資本金又
は出資金
(千円)
事業の内容
又は職業
議決権等
の所有
(被所有)
割合
(%)
関係内容
取引の内容
取引金額
(千円)
科目
期末残高
(千円)
役員の
兼任等
事業上
の関係
関連会社
クラケンコーポレーション㈱
東京都
千代田区
50,000
建設業及び不動産の仲介受託

資金の貸付
(注1)
 
960,000
(─)
受取利息
31,554

 

取引条件及び取引条件の決定方針等

(注1)資金の貸付については、市場金利を勘案して利率を合理的に決定しております。

   なお、担保は受け入れていない。

(注2)平成19年3月20日全株式を売却により、関連当事者に該当しておりません。

   取引金額は関連当事者であった期間の取引金額を記載しております。

 

当連結会計年度(自 平成19年4月1日 至 平成20年3月31日)

(1) 親会社等

 

属性
会社等
の名称
住所
資本金又
は出資金
(千円)
事業の内容
又は職業
議決権等 
の所有 
(被所有) 
割合 
(%)
関係内容
取引の内容
取引金額
(千円)
科目
期末残高
(千円)
役員の
兼任等
事業上
の関係
親会社
クラフトフィナンシャルホールディングス㈱
東京都
千代田区
100,000
有価証券の投資と保有
(98.9%)
兼任1名
資金の
借入
資金の貸付
(注)
1,790,000
長期借入金
1,790,000
支払利息
1,590
未払金
1,590

取引条件及び取引条件の決定方針等

(注)資金の貸付については、市場金利を勘案して利率を合理的に決定しております。

  なお、担保は受け入れておりません。

 

(2) 子会社等

属性
会社等
の名称
住所
資本金又
は出資金
(千円)
事業の内容
又は職業
議決権等
の所有
(被所有)
割合
(%)
関係内容
取引の内容
取引金額
(千円)
科目
期末残高
(千円)
役員の
兼任等
事業上
の関係
子会社
クラフトファクタリング㈱
東京都
千代田区
10,000
ファクタリング事業
100%を直接保有
兼任3名
資金の
貸付
資金の貸付
5,000,000
(−)
受取利息
7,150
子会社
㈲オーク
大阪府
大阪市
3,000
調剤、医薬品の販売
100%を直接保有
兼任2名
資金の貸付及び損益共通契約による取引
資金の貸付
(注)
120,000
長期貸付金
120,000
損益共通契約による売上代金
395,385
未収入金
395,385
(−)
損益共通契約による営業経費
320,356
未払金
796,816
事業譲受によるのれん代金
438,516

 

取引条件及び取引条件の決定方針等

 (注)資金の貸付については、市場金利を勘案して利率を合理的に決定しております。

   なお、担保は受け入れておりません。

 

(企業結合等関係)

前連結会計年度(自 平成18年4月1日 至 平成19年3月31日)

 

1.結合当事企業又は対象となった事業の名称及びその事業の内容、企業結合の法的形式、結合後企業の名称並びに取引の目的を含む取引の概要

 (1) 結合当事企業又は対象となった事業の名称及びその事業の内容

  ①営業譲渡企業

企業名
事業の名称
事業の内容
㈲平成調剤
薬局事業
調剤、医薬品の販売

 

  ②営業譲受企業

   当社

 

 (2) 企業結合の法的形式

   営業譲受

 

 (3)結合後企業の名称

   変更ありません。

 

 (4)取引の目的を含む取引の概要

   当社薬局事業の拡大を目的として、営業の全部を譲受けました。
  譲受資産及び負債の額は帳簿価格とし、決済方法は現預金によっております。

   譲受資産及び負債の額は以下のとおりであります。

(単位:千円)
企業名
㈲平成調剤
譲受資産
297,204
譲受負債
180,630

 

2.実施した会計処理の概要
 「企業結合に係る会計基準」(企業会計審議会 平成15年10月31日)及び「企業結合会計基準及び事業分離等会計基準に関する適用指針」(企業会計基準委員会 平成18年12月22日 企業会計基準適用指針第10号)に基づき処理しております。

 

当連結会計年度(自 平成19年4月1日 至 平成20年3月31日)

 

1.結合当事企業又は対象となった事業の名称及びその事業の内容、企業結合の法的形式、結合後企業の名称並びに取引の目的を含む取引の概要

 (1) 結合当事企業又は対象となった事業の名称及びその事業の内容

  ①営業譲渡企業

企業名
事業の名称
事業の内容
相模台商事㈱
薬局事業
調剤、医薬品の販売

 

  ②営業譲受企業

   当社

 

 (3)結合後企業の名称

   変更ありません。

 

 (4)取引の目的を含む取引の概要

  当社薬局事業の拡大を目的として、平成19年11月1日付で営業の全部を譲受けました。 

譲受資産及び負債の額は平成19年10月31日現在の帳簿価格とし、決済方法は現預金によっております。

   譲受資産及び負債の額は以下のとおりであります。

(単位:千円)
企業名
相模台商事㈱
譲受資産
164,010
譲受負債
186,012

 

2.実施した会計処理の概要 
「企業結合に係る会計基準」(企業会計審議会 平成15年10月31日)及び「企業結合会計基準及び事業分離等会計基準に関する適用指針」(企業会計基準委員会 平成18年12月22日 企業会計基準適用指針第10号)に基づき処理しております。

 

(1株当たり情報)
前連結会計年度
(自 平成18年4月1日
至 平成19年3月31日)
当連結会計年度
(自 平成19年4月1日
至 平成20年3月31日)
1株当たり純資産額
870.50円
1株当たり当期純利益
191.95円

1株当たり純資産額
901.36円
1株当たり当期純利益
55.04円

潜在株式調整後1株当たり当期純利益については、潜在株式が存在しないため記載しておりません。
潜在株式調整後1株当たり当期純利益については、潜在株式が存在しないため記載しておりません。
算定上の基礎
1 1株当たり純資産額
 連結貸借対照表の純資産の部の 
6,362,731千円
 合計額 
 普通株式に係る純資産額
6,362,731千円
 1株当たり純資産額の算定に
7,309千株
 用いられた普通株式の数

2 1株当たり当期純利益
 連結損益計算書上の当期純利益
1,459,426千円
 普通株式に係る当期純利益
1,459,426千円
 普通株主に帰属しない金額
— 千円
 普通株式の期中平均株式数
7,603千株

算定上の基礎
1 1株当たり純資産額
 連結貸借対照表の純資産の部の 
6,588,234千円
 合計額 
 普通株式に係る純資産額
6,588,234千円
 1株当たり純資産額の算定に
7,309千株
 用いられた普通株式の数

2 1株当たり当期純利益
 連結損益計算書上の当期純利益
402,302千円
 普通株式に係る当期純利益
402,302千円
 普通株主に帰属しない金額
─  千円
 普通株式の期中平均株式数
7,309千株


 

(重要な後発事象)

 

前連結会計年度
(自 平成18年4月1日
至 平成19年3月31日)
当連結会計年度
(自 平成19年4月1日
至 平成20年3月31日)
 当社は、平成19年5月18日開催の取締役会において、モルガン・スタンレー証券株式会社(本社:東京都渋谷区)を割当先とする第1回無担保転換社債型新株予約権付社債の発行を決議し、平成19年6月4日付で発行いたしました。その概要は次のとおりであります。 

1.本社債の総額 金50億円 
2.各本社債の金額 金1億円の1種 
3.本新株予約権付社債券の形式及び譲渡制限 
 (1)本社債については、社債券を発行しない。
 (2)本新株予約権付社債は、会社法第254条第2項本文及び同条第3項本文の定めにより、本社債と本新株予約権のうち一方のみを譲渡することはできない。 
 (3)本新株予約権付社債の譲渡については、発行会社の取締役会の承認を要する。
4.利率 本社債には利息は付さない。 
5.各本社債の払込金額 本社債の金額100円につき金100円 
6.償還価額 本社債の金額100円につき金102円 
7.償還期限 平成24年12月4日 
8.申込期日 平成19年6月4日 
9.本社債の払込期日 平成19年6月4日 
10.本新株予約権の割当日 平成19年6月4日 
11.募集の方法 第三者割当ての方法により、全額をモルガン・スタンレー証券株式会社に割り当てる。 
12.本新株予約権の内容 
 (1)本社債に付された本新株予約権の数 
  各本社債に付された本新株予約権の数は1個とし、合計50個の本新株予約権を発行する。
 (2)本新株予約権の払込金額 
  本新株予約権と引換えに金銭の払込みは要しない。
 (3)本新株予約権の目的である株式の種類及び数 
本新株予約権の目的である株式の種類は発行会社普通株式とし、その行使により発行会社が発行会社普通株式を交付する数は、行使請求に係る本社債の払込金額の総額を本項第(4)号に定める転換価額で除して得られる数とする。この場合に1株未満の端数を生じたときはこれを切り捨て、現金による調整は行わない。
 (4)本新株予約権の行使に際して出資される財産の内容及びその価額 
 ①各本新株予約権の行使に際して出資される財産は、当該本新株予約権に係る本社債とし、当該本社債の価額は、その払込金額と同額とする。 
 ②転換価額は、当初、平成19年5月25日まで(同日を含む。)の5連続取引日(但し、終値(気配表示を含む。以下同じ。)のない日は除く。)の株式会社ジャスダック証券取引所における発行会社普通株式の普通取引の毎日の終値の平均値の1円未満の端数を切り上げた金額と、平成19年5月18日の株式会社ジャスダック証券取引所における発行会社普通株式の普通取引の終値に1.05を乗じた金額の1円未満の端数を切り上げた金額の何れか高い方とする。 
 ③転換価額の調整 
発行会社は、本新株予約権付社債の発行後、発行会社の普通株式数に変更を生じる場合又は変更を生じる可能性がある場合には、次に定める算式(以下「転換価額調整式」という。)をもって転換価額を調整する。 
新 発 行・
×
1株当りの
調 整 後
調 整 前
×
既発行
+
処分株式数
払込金額
転換価格
転換価額
株式数
時  価
既発行株式数+ 
新発行・処分株式数

1 当社は、クラフトフィナンシャルホールディングス株式会社の完全子会社として、当社を非上場化することにしました。 
よって当社は、平成20年3月25日開催の臨時株主総会で、下記の内容の議案の承認を受けました。 
その結果、当社普通株式にかかる株券は、ジャスダック証券取引所の株券上場廃止基準第2条第1項第17号(全部取得)に該当するため平成20年4月23日をもって上場廃止となりました。 
(1) 承認可決された議案の概要 
 ① 当社定款の一部を変更し、種類株式を発行する旨の定めを新設。 
 ② 当社普通株式に、当社が臨時株主総会の議決によってその全部を取得する全部取得条項を付する旨の定めを新設。 
 ③ 会社法第171条及び①及び②による変更後の定款に基づき、種類株主総会の決議によって、全部取得条項が付された当社普通株式(以下「全部取得条項付普通株式」)の株主から全部取得条項付普通株式全てを取得し、当該取得と引換えに、当社種類株式(以下「A種種類株式」)を交付。   
(2) 本定款一部変更等にかかる日程 
株式提出手続の開始日                  平成20年3月26日(水) 
(株券提出公告及び株主・登録株式質権者への通知) 
整理ポストへの割当て                 平成20年3月26日(水) 
当社全部取得条項付普通株式にかかる株券の売買最終日  平成20年4月22日(火) 
当社全部取得条項付普通株式にかかる株券の上場廃止  平成20年4月23日(水) 
A種種類株式を交付する株主の基準日         平成20年4月28日(月) 
株券提出の期限                   平成20年4月30日(水) 
当社による全部取得条項付普通株式取得及びA種種類株式交付の効力発生                        平成20年4月30日(水) 
 
2 当社は平成20年4月30日開催の取締役会において、親会社であるクラフトフィナンシャルホールディングス株式会社が当社株式の公開買付けを目的として調達した借入金の契約に基づいて、当社及び当社の子会社(北海道クラフト株式会社、クラシス株式会社)が、当該借入金に対して連帯保証を行い、当社の資産を担保に供することを決議いたしました。 

(連帯保証対象の借入金及び担保に供する資産の内容) 
A.借入金の内容 
(1)タームローンA
 ① 借入先の名称 ㈱三井住友銀行 
 ② 借入極度額 92億円 
 ③ 借入期限 平成25年1月31日 
(2)タームローンB
 ① 借入先の名称 ㈱三井住友銀行 
 ② 借入極度額 28億円 
 ③ 借入期限 平成26年1月31日 
(3)タームローンC
 ① 借入先の名称 ㈱三井住友銀行 
 ② 借入極度額 120億円 
 ③ 借入期限 平成26年1月31日 
 
B.担保に供する資産の内容 
 建  物
681百万円
 土  地
2,131百万円
 投資有価証券
868百万円
 関係会社株式
23百万円
 長期貸付金
411百万円
 計
4,115百万円

(注) 上記金額は、平成20年3月31日現在における金額であります。 





出典: クラフト株式会社、2008-03-31 期 有価証券報告書