有価証券報告書を3社、または3期分比較分析できる! いますぐトライアルで試す >>
 






セクション一覧
2【自己株式の取得等の状況】
(1)【定時総会決議又は取締役会決議による自己株式の買受け等の状況】
①【前決議期間における自己株式の取得等の状況】
 該当事項はありません。
②【当定時株主総会における自己株式取得に係る決議状況】
 該当事項はありません。
 なお、当社は平成16年6月29日開催の定時株主総会において定款の一部を変更し、「当会社は、商法第211条ノ3第1項第2号の規定により、取締役会の決議をもって自己株式を買受けることができる。」旨を定款に定めております。
3【配当政策】
 当社は、収益力向上を推進することにより企業価値を高め、株主利益を増大していくことを重要課題と考えております。株主への利益還元につきましては、安定配当を基本としておりますが、今後の事業拡大のための内部資金の確保に配慮しつつ、財政状態、業績の進展状況、配当性向を勘案し、増配などにより積極的に取り組んでいく方針であります。
 当期の期末配当につきましては、業績の結果を勘案し、1株につき17円といたしました。この結果、中間期に17円の中間配当を実施しておりますので、当期の年間配当は2円増配の1株につき34円となります。 
 なお、平成17年5月20日付で、3月末日最終の株主名簿及び実質株主名簿に記載又は記録された株主の所有株式を1株につき1.1株の割合をもって株式分割いたしました。
 (注) 当期の中間配当に関する取締役会決議日  平成16年11月10日
4【株価の推移】
(1)【最近5年間の事業年度別最高・最低株価】
回次
第59期
第60期
第61期
第62期
第63期
決算年月
平成13年3月
平成14年3月
平成15年3月
平成16年3月
平成17年3月
最高(円)
4,500
※4,240
4,690
□4,380
4,150
□4,000
4,250
□3,940
4,550
□4,280
最低(円)
2,950
※1,950
3,720
□3,090
3,370
□3,210
3,450
□3,740
3,660
□4,080
 (注)1.最高・最低株価は、平成12年12月4日以降は東京証券取引所市場第一部におけるものであります。それ以前は日本証券業協会の公表のものであり、第59期の事業年度別最高・最低株価のうち※印は同協会によるものであります。
2.□印は株式分割による権利落後の株価を示しております。
(2)【最近6月間の月別最高・最低株価】
月別
平成16年10月
平成16年11月
平成16年12月
平成17年1月
平成17年2月
平成17年3月
最高(円)
4,360
4,230
4,500
4,500
4,550
4,530
□4,280
最低(円)
4,010
3,920
3,980
4,160
4,180
4,380
□4,080
 (注)1.最高・最低株価は、東京証券取引所市場第一部におけるものであります。
2.□印は株式分割による権利落後の株価を示しております。
5【役員の状況】
役名
職名
氏名
生年月日
略歴
所有株式数
(千株)
取締役会長
(代表取締役)
 
小林 禮次郎
昭和3年5月7日生
昭和26年4月
当社入社
昭和31年11月
取締役研究部長
昭和39年2月
常務取締役
昭和51年3月
専務取締役
昭和54年3月
代表取締役専務
昭和56年3月
代表取締役社長
平成9年3月
代表取締役会長(現任)
平成9年3月
コーセー化粧品販売株式会社代表取締役会長(現任)
1,531
取締役社長
(代表取締役)
 
小林 保清
昭和16年9月19日生
昭和39年4月
当社入社
昭和44年7月
取締役
昭和51年3月
常務取締役
昭和56年3月
専務取締役
平成3年6月
代表取締役専務
平成9年3月
代表取締役社長(現任)
平成9年3月
コーセー化粧品販売株式会社代表取締役社長(現任)
2,647
取締役副社長
(代表取締役)
 
小林 一俊
昭和37年8月8日生
昭和61年4月
当社入社
平成3年3月
取締役
平成7年3月
常務取締役
平成16年6月
代表取締役副社長(現任)
6,509
常務取締役
 
仁科 眞爾
昭和17年12月2日生
昭和42年3月
当社入社
平成3年12月
営業部長
平成5年3月
取締役
平成9年3月
常務取締役(現任)
平成9年3月
コーセー化粧品販売株式会社専務取締役(現任)
33
取締役
 
小林 英夫
昭和7年6月18日生
昭和39年2月
株式会社アルビオン代表取締役社長(現任)
昭和39年2月
当社取締役(現任)
平成3年9月
株式会社テクノラボ代表取締役社長(現任)
335
取締役
 
佐々木 眞美
昭和21年4月3日生
昭和44年3月
当社入社
平成3年12月
企画部長
平成6年4月
コーセーコスメポート株式会社代表取締役社長(現任)
平成9年3月
当社取締役(現任)
1
取締役
国際本部長
池見 五十夫
昭和24年2月1日生
昭和46年3月
当社入社
平成6年12月
マーケティング政策室長
平成9年3月
取締役(現任)
平成10年3月
マーケティング副本部長
平成17年3月
国際本部長(現任)
11
取締役
国際副本部長
小林 孝雄
昭和40年4月6日生
平成5年4月
当社入社
平成10年6月
取締役(現任)
平成17年3月
国際副本部長(現任)
6,459
取締役
マーケティング本部長兼CSブランド企画部長
榎本 勝
昭和22年6月8日生
昭和46年3月
当社入社
平成13年3月
ブランド企画部長
平成13年6月
取締役(現任)
平成16年3月
マーケティング副本部長
平成17年3月
マーケティング本部長兼CSブランド企画部長(現任)
5
取締役
経理部長
石倉 伸治
昭和22年1月10日生
昭和45年3月
当社入社
平成13年3月
執行役員
経理部長(現任)
平成15年6月
取締役(現任)
2

 

役名
職名
氏名
生年月日
略歴
所有株式数
(千株)
取締役
生産・物流本部長
宮城 実
昭和27年3月14日生
昭和49年4月
当社入社
平成13年9月
高絲化粧品有限公司総経理
平成16年3月
当社執行役員
平成17年3月
生産・物流本部長(現任)
平成17年6月
取締役(現任)
2
常勤監査役
 
林田 栄一郎
昭和22年3月4日生
昭和45年3月
当社入社
平成6年12月
コーセー企画部長
平成9年3月
取締役
平成15年6月
取締役退任
平成15年6月
執行役員
平成16年6月
常勤監査役(現任)
11
常勤監査役
 
吉田 宣之
昭和22年7月14日生
昭和43年5月
当社入社
平成16年3月
国際部部長対応
平成16年6月
常勤監査役(現任)
1
監査役
 
小田倉 正典
昭和16年9月12日生
昭和43年9月
税理士登録
昭和47年9月
公認会計士登録
昭和56年12月
青南監査法人代表社員(現任)
平成8年3月
当社監査役(現任)
監査役
 
藤縄 憲一
昭和30年2月18日生
昭和55年4月
弁護士登録
昭和62年3月
ニューヨーク州弁護士登録
昭和63年10月
長島・大野・常松法律事務所パートナー弁護士(現任)
平成15年6月
当社監査役(現任)
 
 
 
 
17,553
 (注)1.監査役小田倉正典と藤縄憲一は、株式会社の監査等に関する商法の特例に関する法律第18条第1項に定める社外監査役であります。
2.取締役会長小林禮次郎は、取締役社長小林保清の兄であります。
取締役副社長小林一俊は、取締役会長小林禮次郎の長男であります。
取締役小林英夫は、取締役社長小林保清の兄であります。
取締役小林孝雄は、取締役会長小林禮次郎の次男であります。
3.当社では、株主に対し安定した利益還元を行える企業として経営管理体制の強化を図るとともに、業務執行機能の強化と人材育成を図るため、執行役員制度を導入しております。執行役員は取締役会で選任され、取締役会が決定した経営基本方針に従い、担当する部門において適切な業務執行を行う役員として位置づけております。
執行役員は8名で、経営企画部長 鈴木俊雄、人事部長 森下茂、商品デザイン部長 一條憲治、国際部長 小泉和正、研究本部長 鈴木正、生産・物流副本部長 高橋憲二、コーセー化粧品販売㈱常務取締役東京支社長 児島由和、TAIWAN KOSE CO.,LTD.総経理 坂田拓實で構成されております。
6【コーポレート・ガバナンスの状況】
(1)コーポレート・ガバナンスに関する基本的な考え方
 当社グループは、経営方針の中核に掲げております「コーセーグループとしての企業価値を高める経営を継続して行っていく」観点からも、コーポレート・ガバナンスを経営上の重要な課題のひとつと位置付け、経営上の組織体制や仕組みを整備し、継続的に社会的信用を保持するための体制づくりを進めております。
(2)コーポレート・ガバナンスに関する施策の実施状況
 当社の取締役会の運営につきましては、取締役の管掌範囲を明確にし、少人数による迅速な意思決定ができる体制としております。また、コーポレート・ガバナンス体制を一層強化するため、執行役員制度を導入しており、経営の意思決定を担う取締役会の機能と業務執行を担う執行役員の機能を分離し、業務執行の効率化へ向けた取り組みを積極的に進めております。提出日現在、取締役は11名、執行役員は8名であります。
 また、当社は監査役制度を採用しており、提出日現在、常勤監査役2名と非常勤監査役2名が監査役会を構成しております。非常勤監査役は2名とも、当社とは利害関係のない社外監査役であります。
 内部監査の組織である監査室は、業務執行部門から独立した組織として専任のスタッフ7名により構成し、中期及び年次監査計画に基づき、業務活動全般にわたる監査を実施しております。内部監査結果は社長及び監査役に報告されるとともに、被監査部門及び担当取締役にも通知され、監査室による改善状況の確認も行われております。
 会計監査人につきましては、新日本監査法人と監査契約を締結し会計監査を受けております。会計監査人は、経営者との間で定期的なディスカッションを開催するほか、監査役に監査結果の報告を行う際にも適宜情報交換及び意見交換を行っております。また、内部監査結果の概要についても情報の共有を図るなど、相互に連携をとり、効果的な監査の実施に務めております。
 このほか、コンプライアンス委員会を設置し、企業活動における法令遵守、公正性、倫理性を確保し、健全な企業体質を維持するための活動を進めております。また、昨今注目を集めております企業の社会的責任(CSR:コーポレート・ソーシャル・レスポンシビリティ)につきましても、本年3月にCSR準備委員会を設置し、経済活動、社会活動、環境活動への一層の取り組み強化を進めてまいる所存であります。
 当社のコーポレート・ガバナンス体制の概念図は、次のとおりであります。
高品質画像
(3)会計監査の状況
 業務を執行した公認会計士の氏名等は次のとおりであり、監査業務に係る補助者の構成は公認会計士10名及び会計士補9名であります。
公認会計士の氏名等
所属する監査法人名称
継続監査年数
指定社員
業務執行社員
吉田  治
新日本監査法人
11年(注)
鈴木 啓之
星野 正司
(注)同監査法人は、公認会計士法上の規制開始及び日本公認会計士協会の自主規制実施に先立ち自主的に業務執行社員の交代制度を導入しており、平成17年3月期会計期間をもって交代いたしました。
(4)役員報酬の内容
 役員に対して支払った報酬は、次のとおりであります。
・取締役報酬   539百万円
・監査役報酬    44百万円 (うち社外監査役報酬    10百万円)
(5)監査報酬等の内容
 監査法人に対して支払った報酬等(連結子会社分を含む)は、次のとおりであります。
・公認会計士法第2条第1項に規定する業務に基づく報酬  59百万円
・上記以外の業務に基づく報酬               2百万円




出典: 株式会社コーセー、2005-03-31 期 有価証券報告書