有価証券報告書を3社、または3期分比較分析できる! いますぐトライアルで試す >>
 






セクション一覧

5【役員の状況】

役名

職名

氏名

生年月日

略歴

所有株式数

(千株)

取締役会長

 

小池 康雄

昭和12年10月12日生

昭和36年3月 慶応義塾大学法学部卒業

  37年3月 当社入社取締役

  45年8月 当社常務取締役

  51年6月 当社専務取締役

  56年10月 群馬共同液酸株式会社代表取締役社長

  57年6月 当社代表取締役副社長

  60年4月 コイケ アロンソン株式会社代表取締役

平成2年6月 当社代表取締役社長

  14年6月 当社取締役会長(現任)

14年10月 小池酸素(唐山)有限公司董事長(現任)

243

取締役社長

代表取締役

小池 哲夫

昭和20年4月8日生

昭和45年3月 慶応義塾大学法学部卒業

  45年3月 当社入社

  56年11月 当社東京支店長

  60年6月 当社取締役

平成5年5月 当社常務取締役

  8年6月 当社専務取締役

  11年5月 当社常務取締役

  13年6月 当社専務取締役

  14年6月 当社代表取締役社長(現任)

  14年12月 群馬共同液酸株式会社代表取締役社長(現任)

276

専務取締役

営業部長

大池 勇

昭和18年10月9日生

昭和42年3月 明治大学政経学部卒業

  42年3月 当社入社

  61年9月 当社千葉支店長

平成8年6月 当社取締役

  12年6月 当社常務取締役

  13年6月 当社専務取締役(現任)

  15年7月 当社営業部長(現任)

24

専務取締役

管理部長

横田 修

昭和23年12月13日生

昭和47年3月 慶応義塾大学経済学部卒業

  47年4月 株式会社東海銀行(現UFJ銀行株式会社)入行

平成9年11月 同行船場支店長

  12年5月 当社顧問

  12年6月 当社取締役

  12年7月 当社管理部長(現任)

  13年6月 当社常務取締役

  17年6月 当社専務取締役(現任)

20

役名

職名

氏名

生年月日

略歴

所有株式数

(千株)

常務取締役

機械部長

兼機械部

品質管理グループ長

林   誠

昭和18年9月30日生

昭和42年3月 岡山大学法文学部卒業

  42年4月 川鉄商事株式会社(現JFE商事株式会社)入社

平成15年5月 同社鉄鋼第一本部部長

  15年10月 当社入社 機械部長

  16年6月 当社取締役

  16年7月 当社機械部長兼品質管理グループ長(現任)

  17年6月 当社常務取締役(現任)

8

取締役

東京支店長、溶材商品部長兼東日本グループ長

足立 俊幸

昭和22年4月24日生

昭和45年3月 大阪府立大学経済学部卒業

  45年3月 当社入社

平成13年2月 当社大阪支店長

  14年6月 当社取締役(現任)

15年7月 当社東京支店長、溶材部長兼東日本グループ長

16年10月 当社東京支店長、溶材商品部長兼東日本グループ長(現任)

20

取締役

ガス部長

小池 正孝

昭和24年8月15日生

昭和47年3月 学習院大学経済学部卒業

  47年4月 富士写真フイルム株式会社入社

平成5年7月 同社札幌営業所アマチュア製品課課長

  9年4月 当社入社管理部財務・経理担当次長

  12年7月 当社東京支店長

  14年6月 当社取締役(現任)

15年7月 当社ガス部長(現任)

31

取締役

大阪支店長兼西日本グループ長

高関 利男

昭和21年11月20日生

昭和45年3月 中央大学商学部卒業

  45年3月 当社入社

平成8年3月 当社営業本部販売技術部部長

  8年6月 当社取締役(現任)

  15年7月 当社大阪支店長兼西日本グループ長(現任)

12

取締役

機械生産部長兼機械生産部精機工場長

石田 孝道

昭和31年7月5日生

昭和54年3月 日本大学理工学部卒業

  54年4月 当社入社

平成13年8月 当社生産部部長代理

  14年10月 当社機械生産部次長

  15年6月 当社取締役(現任)

  15年7月 当社機械生産部精機工場長

  16年6月 当社機械生産部長兼機械生産部精機工場長(現任)

取締役

機械販売部長

山脇 真一

昭和29年4月20日生

昭和55年3月 日本大学法学部卒業

  55年4月 当社入社

平成13年2月 当社京浜支店長

  14年11月 当社機械販売部次長

  15年6月 当社取締役(現任)

  15年7月 当社機械販売部長(現任)

 

役名

職名

氏名

生年月日

略歴

所有株式数

(千株)

取締役

 

野澤  守

昭和17年3月30日生

昭和35年3月 足尾高校機械科卒業

35年4月 当社入社

 平成7年12月 当社技術部部長

  10年7月 小池エンジニアリング株式会社(現 株式会社コイケテック)代表取締役社長

  17年5月 株式会社コイケテック取締役相談役(現任)

  17年6月 当社取締役(現任)

常勤監査役

 

清水 一馬

昭和23年11月29日生

昭和46年3月 中央大学商学部卒業

  46年3月 当社入社

平成6年12月 管理部財務・経理担当部長代理

  11年3月 東京酸商株式会社取締役社長兼当社経理部部長代理

  12年7月 当社管理部部長代理兼経理部長

  15年6月 当社常勤監査役(現任)

14

監査役

 

友國 八郎

昭和3年8月7日生

昭和28年3月 一橋大学商学部卒業

  28年4月 三井船舶株式会社入社

  39年4月 大阪商船株式会社と合併社名を大阪商船三井船舶株式会社と変更

  56年6月 同社取締役

  60年6月 同社常務取締役

  63年6月 同社代表取締役専務取締役

平成元年6月 同社代表取締役副社長

  3年6月 同社代表取締役会長

  6年6月 同社代表取締役相談役

  8年6月 同社相談役

  9年6月 当社監査役(現任)

  11年4月 株式会社商船三井相談役

(大阪商船三井船舶株式会社合併による)

  16年6月 同社最高顧問(現任)

14

監査役

 

小池 清次

昭和21年7月2日生

昭和45年3月 立教大学社会学部卒業

  45年4月 小池化学株式会社入社

  56年11月 同社取締役

平成5年10月 同社常務取締役

  8年10月 同社専務取締役

  10年6月 同社代表取締役社長(現任)

  12年6月 当社監査役(現任)

586

役名

職名

氏名

生年月日

略歴

所有株式数

(千株)

監査役

 

吉田 吉郎

昭和16年3月10日生

昭和40年3月 新潟大学人文学部卒業

  40年4月 神鋼商事株式会社入社

平成9年6月 同社取締役

  11年6月 同社常務取締役

  15年6月 同社専務取締役 専務執行役員

  15年6月 当社監査役(現任)

  16年6月 神鋼商事株式会社常任顧問(現任)

0

 

 

 

 

1,266

 (注)1.所有株式数は千株未満を切り捨てて記載しております。

2.監査役友國八郎、小池清次及び吉田吉郎は、株式会社の監査等に関する商法の特例に関する法律第18条第1項に定める社外監査役であります。

3.取締役小池正孝は取締役会長小池康雄及び監査役小池清次の実弟であります。

4.監査役小池清次は取締役会長小池康雄の実弟であります。

 

6【コーポレート・ガバナンスの状況】

※コーポレート・ガバナンスに関する基本的な考え方

当社は、経営のスピードアップを図るため、迅速で正確な情報把握と意思決定を最重要課題としております。企業価値の継続的な向上を図るためにはコーポレート・ガバナンスの強化が今後も重要であると考えております。

 

(1)会社の機関の内容及び内部統制システムの整備の状況等

① 会社の機関の基本説明

 当社は、監査役制度を採用しております。当社の取締役は11名で、社外取締役はおりません。また、監査役は4名で、そのうち3名を社外監査役とし、より独立した立場から取締役の職務執行等を監査しております。また、毎月の定例及び臨時取締役会に加えて取締役間の随時打ち合わせを行い、効率的な業務執行及び取締役間の執行監視を行っております。

 

② 当社のコーポレート・ガバナンス体制の概要は次のとおりであります。

(→は報告、指示、監査、選任等を意味しております。)

 

③ 会社の機関の内容及び内部統制システムの整備の状況

 社長の下に営業部門では営業部、生産部門では機械部を中心とし、さらに管理部門である管理部の体制で効率的な部門間の牽制を行っております。また、顧問弁護士は2弁護士事務所と顧問契約を締結しており、必要に応じてアドバイスを受けております。会計監査人である東光監査法人には、通常の監査業務をお願いしているほか、適宜アドバイスも受けております。

 

 ④ 内部監査および監査役監査の状況

 内部監査につきましては、所轄部門等がそれぞれ関連各部門と連携・分担することにより業務プロセスの適正性、内部統制の有効性を確保し、その強化に努めております。

 監査役監査につきましては、監査役が取締役会等その他重要会議に出席し、取締役の職務執行を確認しているほか、当社及び子会社の業務や財政状態の調査、妥当性・適法性の監査を実施しております。また、職務遂行に関連して重要と判断する事項について、会計監査人と協議しております。

 

⑤ 会計監査の状況

 当社は、東光監査法人と監査契約を締結し、商法特例法及び証券取引法に基づく監査を受けております。なお、会計監査業務を執行した公認会計士の氏名及び補助者の構成は次のとおりであります。

  監査業務を執行した公認会計士の氏名 

    代表社員 業務執行社員 飯島 征則 継続監査年数  15年

    代表社員 業務執行社員 外山 卓夫    —

  監査業務に係る補助者の構成

    公認会計士   7名

 

 ⑥ 社外監査役との関係

 社外監査役と当社との間には利害関係はありません。

 なお、社外取締役の友國八郎氏は当社株式を14千株保有しております。

 社外監査役の小池清次氏は取締役会長小池康雄の実弟であります。また、当社株式を586千株保有しております。また、小池化学株式会社の代表取締役社長に就任しており、同社と当社との間には通常の取引関係があります。

 

(2)リスク管理体制の整備の状況

 社内におけるコンプライアンスの強化はもとより、管理部、営業部、機械部の各本部ごとに、リスク対策ルールを制度化し運用しております。

 

(3)役員報酬の内容

 当社の役員に対する報酬は1億17百万円であり、そのうち社内取締役に対する報酬は1億2百万円、監査役に対する報酬は15百万円であります。

 

(4)監査報酬の内容

 当社の東光監査法人への公認会計士法(昭和23年法律第103号)第2条第1項に規定する業務に基づく報酬は14百万円であります。なお、それ以外の報酬はありません。

 

第5【経理の状況】

 

連結財務諸表及び財務諸表の作成方法について

(1)当社の連結財務諸表は、「連結財務諸表の用語、様式及び作成方法に関する規則」(昭和51年大蔵省令第28号。以下「連結財務諸表規則」という。)に基づいて作成しております。

 ただし、「財務諸表等の用語、様式及び作成方法に関する規則等の一部を改正する内閣府令」(平成16年1月 30日内閣府令第5号)附則第2項のただし書きにより、改正前の連結財務諸表規則に基づいて作成しております。

 

(2)当社の財務諸表は、「財務諸表等の用語、様式及び作成方法に関する規則」(昭和38年大蔵省令第59号。以下「財務諸表等規則」という。)に基づいて作成しております。

 ただし、「財務諸表等の用語、様式及び作成方法に関する規則等の一部を改正する内閣府令」(平成16年1月 30日内閣府令第5号)附則第2項のただし書きにより、改正前の財務諸表等規則に基づいて作成しております。

 

監査証明について

 当社は、証券取引法第193条の2の規定に基づき、前連結会計年度(平成15年4月1日から平成16年3月31日まで)及び第81期(平成15年4月1日から平成16年3月31日まで)並びに当連結会計年度(平成16年4月1日から平成17年3月31日まで)及び第82期(平成16年4月1日から平成17年3月31日まで)の連結財務諸表及び財務諸表について、東光監査法人により監査を受けております。

 





出典: 小池酸素工業株式会社、2005-03-31 期 有価証券報告書