有価証券報告書を3社、または3期分比較分析できる! いますぐトライアルで試す >>
 






セクション一覧
2【自己株式の取得等の状況】
【株式の種類等】 単元未満株式の買取。
 
(1)【株主総会決議による取得の状況】
      旧商法第221条第6項の規定に基づく単元未満株式の買取請求による普通株式の取得及び会社法第155条第7号
     に該当する普通株式の取得
 
(2)【取締役会決議による取得の状況】
      該当事項はありません。
 
(3)【株主総会決議又は取締役会決議に基づかないものの内容】
 
平成19年5月31日現在
区分
株式数(株)
価額の総額(円)
当事業年度における取得自己株式
31,224
25,077,260
当期間における取得自己株式
606
993,198
(4)【取得自己株式の処理状況及び保有状況】
区分
当事業年度
当期間
株式数(株)
処分価額の総額
(円)
株式数(株)
処分価額の総額
(円)
引き受ける者の募集を行った取得自己株式
消却の処分を行った取得自己株式
合併、株式交換、会社分割に係る移転を行った取得自己株式
その他
( − )
保有自己株式数
31,224
31,224
  (注)当期間における保有自己株式数には平成19年6月1日からこの有価証券報告書提出日までの単元未満株式の買取
       による株式数は含まれておりません。
3【配当政策】
 当社は、株主の皆様に対する利益還元を重要な政策と位置づけており、収益力の向上、財務体質の強化を図りながら安定した配当を継続することを基本方針として考えております。
 配当金につきましては、業績及び配当性向等を総合的に勘案して、株主の皆様のご期待に応えていきたいと考えております。この方針のもと、配当については配当性向20%以上を目安とし、また、記念すべき節目ごとに増配する等の株主優遇策を講じてまいります。
  毎事業年度における配当金については、現在は年1回の期末配当としております。なお配当の決定機関は、取締役会であります。
 内部留保金の使途につきましては、企業価値の増大を図るために、経営体質の一層の強化と将来の成長分野への設備投資及び研究開発を行ってまいります。
 なお、当社は期末配当、中間配当の他、基準日を定めて剰余金の配当を行うことができる旨を定款に定めております。
決議年月日
配当金の総額(百万円)
1株当たりの配当額(円)
 平成19年5月15日取締役会決議
706
25
4【株価の推移】
(1)【最近5年間の事業年度別最高・最低株価】
回次
第82期
第83期
第84期
第85期
第86期
決算年月
平成15年3月
平成16年3月
平成17年3月
平成18年3月
平成19年3月
最高(円)
625
1,625
2,785
3,300
2,630
最低(円)
455
535
1,564
2,070
886
 (注) 最高・最低株価は、平成18年3月1日より東京証券取引所市場第一部における株価であり、それ以前の平成18年2月28日までは東京証券取引所市場第二部におけるものであります。
(2)【最近6箇月間の月別最高・最低株価】
月別
平成18年10月
11月
12月
平成19年1月
2月
3月
最高(円)
1,249
1,219
1,319
1,422
1,747
1,714
最低(円)
886
985
1,105
1,162
1,365
1,472
 (注) 最高・最低株価は、東京証券取引所市場第一部におけるものであります。
5【役員の状況】
役名
職名
氏名
生年月日
略歴
任期
所有株式数(百株)
取締役相談役
 
田代 慎一郎
昭和15年5月9日生
昭和57年7月
鴨川化成工業株式会社(現株式会社紀文フードケミファ)入社顧問
昭和58年1月
当社専務取締役
昭和61年7月
当社専務取締役(代表取締役)
昭和61年8月
当社取締役社長(代表取締役)
平成15年6月
当社取締役会長
平成17年6月
当社取締役相談役(現任)
(注)3 
900
取締役社長
社長執行役員
(代表取締役)
 
重山 俊彦
昭和22年11月24日生
昭和45年4月
株式会社紀文(現株式会社紀文食品)入社
昭和61年11月
同社取締役
平成4年4月
同社常務取締役
平成6年2月
同社専務取締役
平成9年6月
当社専務取締役(代表取締役)
平成15年6月
当社取締役社長(代表取締役)
平成17年6月
当社取締役社長(代表取締役)
社長執行役員(現任)
(注)3 
254
取締役
執行役員
 財務部長
櫻井 茂雄
昭和31年10月18日生
昭和54年4月
キッコーマン株式会社入社
平成14年10月
同社生産経理部長(参事)
平成18年6月
当社取締役執行役員経理部長
平成19年2月
当社取締役執行役員財務部長
(現任)
(注)3 
取締役
 
染谷 光男
昭和16年1月26日生
昭和39年4月
キッコーマン株式会社入社
平成5年7月
同社海外事業部長
平成8年3月
同社取締役
平成13年3月
同社取締役常務執行役員
平成13年12月
同社取締役常務執行役員国際事業
第1本部長兼国際事業第2本部長
平成16年6月
当社取締役(現任)
平成17年6月
キッコーマン株式会社取締役専務執行役員国際事業第1本部長兼国際事業第2本部長
平成18年6月
同社代表取締役専務執行役員国際事業第1本部長兼国際事業第2本部長(現任) 
(注)3 
取締役
 
根岸 康二
昭和21年7月24日生
昭和44年4月
キッコーマン株式会社入社
平成12年6月
同社販売促進部長兼ナショナル・セールス・マネジャー補佐
平成13年3月
同社執行役員プロダクト・マネジャー
平成17年6月
当社取締役(現任)
平成18年6月
キッコーマン株式会社常務執行役員プロダクト・マネジャー室長(現任)
(注)3 

 

役名
職名
氏名
生年月日
略歴
任期
所有株式数(百株)
取締役
 
青木 良元
昭和16年10月24日生
昭和40年4月
利根コカ・コーラボトリング株式会社入社
昭和60年11月
同社営業第一部長
平成元年11月
同社経営企画室長
平成3年3月
同社取締役
平成7年3月
同社常務取締役
平成9年3月
同社専務取締役
平成11年3月
同社取締役社長
平成19年3月
同社取締役相談役(現任)
平成19年4月
キッコーマン株式会社常勤顧問(現任)
平成19年6月
当社取締役(現任)
(注)3 
取締役
 
山口 勝巳 
昭和20年1月2日生
昭和42年4月
株式会社紀文(現株式会社紀文食品)入社
昭和61年11月
同社取締役
昭和62年6月
当社監査役
平成6年2月
株式会社紀文食品常務取締役
平成13年6月
同社専務取締役
平成15年4月
同社専務取締役(代表取締役)(現任)
平成16年6月
当社取締役
平成17年6月
当社取締役退任
平成19年6月
当社取締役(現任)
(注)3 
監査役
(常勤)
 
榊原 満
昭和18年9月25日生
昭和41年4月
株式会社紀文(現株式会社紀文食品)入社
昭和58年2月
鴨川化成工業株式会社(現株式会社紀文フードケミファ)入社総務部長
昭和59年6月
当社取締役総務部長
昭和62年6月
当社常務取締役総務部長
平成13年6月
当社常勤監査役(現任)
(注)4 
113
監査役
 
近藤 忠男
昭和17年5月27日生
昭和42年4月
キッコーマン株式会社入社
平成7年3月
同社経営企画部長
平成10年3月
同社取締役
平成13年3月
同社執行役員
社長室長代理兼経営企画部長
平成16年6月
同社常務執行役員
経営企画室長
平成16年6月
当社監査役(現任)
平成17年6月
キッコーマン株式会社取締役常務執行役員経営企画室長
平成18年6月
キッコーマン株式会社取締役専務執行役員(現任)
(注)4 
監査役
 
河東 宗文
昭和29年1月20日生
昭和61年4月
裁判官任官
平成元年4月
東京弁護士会登録(現任)
平成18年6月
当社監査役(現任)
(注)5 
       
1,155
 (注)1 取締役染谷光男、取締役根岸康二、取締役青木良元及び取締役山口勝巳は、会社法第2条第15号に定める社
  外取締役であります。
       2 監査役近藤忠男及び監査役河東宗文は、会社法第2条第16号及び第335条第3項に定める社外監査役であり
      ます。
     3 平成19年6月20日開催の定時株主総会の終結の時から1年間
     4 平成16年6月28日開催の定時株主総会の終結の時から4年間
     5 平成18年6月23日開催の定時株主総会の終結の時から4年間
    6 当社では、意思決定・監督と執行の分離による取締役会の活性化のため、また、能力主義に基づく積極的な
 人材の登用のため、執行役員制度を導入しております。
 執行役員は8名で構成されております。    
    7 当社は、法令に定める監査役の員数を欠くことになる場合に備え、会社法第329条第2項に定める補欠監査 
 役2名を選任しております。
 補欠監査役の略歴は次のとおりであります。
 
氏名
生年月日
略歴
所有株式数
(百株)
 
川村 良弘
昭和27年5月2日生
昭和46年4月
株式会社紀文(現株式会社紀文食品)入社
 平成15年2月
当社営業部大阪営業所長
 平成17年6月
当社執行役員管理部長
平成19年2月
当社執行役員内部監査室長
(現任)
40
 
 山﨑 孝一 
昭和26年11月1日生 
昭和49年4月
キッコーマン株式会社入社
 平成13年9月
同社経理部長
 平成16年6月
同社執行役員(現任)
6【コーポレート・ガバナンスの状況】
      コーポレート・ガバナンスに関する基本的な考え方
 当社のコーポレート・ガバナンスに関する基本的な考え方は、株主をはじめとする各ステークホルダーに対する、経営の透明性及び効率性を確保し向上させて、企業価値を最大化することを方針にしております。
(1)会社の機関の内容及び内部統制システムの状況
 
  第86回定時株主総会(平成19年6月20日開催)において、社外取締役を4名選任し監視機能の強化を図る共に、執行役員制度を導入し、取締役会を経営方針の決定及び業務執行の監視を行う機関として明確に位置付け取締役会の活性化及び意思決定の迅速化を図っております。経営上の意思決定、執行及び監督に係る経営管理組織その他のコーポレート・ガバナンス体制の概要は、次の図のとおりです。
高品質画像
 ・株主総会は、会社の最高意思決定機関として、取締役、監査役及び会計監査人を選任、解任いたします。
  ・会計監査人は、会計に関する部分を監査しております。
 ・監査役会は、取締役の職務遂行の適法性・妥当性・効率性等を検証し監査しております。
 ・取締役会は、経営に係る方針・意思決定及び執行役員の業務執行について監視しております。
 ・執行役員会は、執行役員とその他の部署長で構成され業務執行に関する重要事項を審議し、また各部門における業務を統制・監視しております。
 ・内部監査室は他部門から独立し、各部門を監査し適宜代表取締役社長に報告しております。
(2)リスク管理体制の整備状況
  リスク管理については、製販会議・中央安全衛生委員会・安全衛生委員会を定期的に開催し、会社をとりまく諸問題について共通認識をもつと共に、必要な対応を協議・遂行しております。
   また、重要な法的課題及びコンプライアンスに関する事項については、社外の顧問弁護士に指導を受けております。
    (3)役員報酬及び監査報酬の内容
 当事業年度における当社の取締役及び監査役に対する役員報酬、並びに監査法人に対する監査報酬は以下のとおりであります。
 
役員報酬:
 
 
 
監査報酬:
 
 
 
 
 
 
 
 
 
取締役に支払った報酬
(うち社外取締役)
80,544
(1,800)
千円 
千円
 
公認会計士法第2条第1項に規定する業務に基づく報酬
18,200
千円
監査役に支払った報酬
(うち社外監査役)
20,625
(3,855)
千円
千円
 
 
 
 
101,169
千円
 
計 
18,200
千円 
         (注)上記の他、平成17年6月24日開催の第84回定時株主総会決議に基づき、退職慰労金廃止に伴う打切り支
        給を、平成18年6月23日開催の第85回定時株主総会終結をもって退任した取締役2名に24,372千円、監
        査役2名に6,340千円を支給しております。
   (4) 内部監査及び監査役監査の状況
  内部監査については、代表取締役社長直属の内部監査室が、内部監査規程に基づき各部門の業務執行状況を監査しております。内部監査は、年1回以上各部門を対象に実施を計画し、各部門の業務活動が法令等の諸規程、また会社の定款、諸規程に準拠して執行されているかを検証すると共に、業務改善、効率向上のための必要な助言、指導を行っております。また社内体制については、十分な内部牽制が働くよう、監査役・会計監査人等の助言により適宜見直しを行っております。
  監査役会は、監査役3名(うち2名は社外監査役)で構成され、各監査役は、監査役会で策定された監査方針に
基づき、取締役会をはじめとする重要な会議への出席や、業務及び財産の状況調査を通して、取締役の職務執行を監査しております。
     (5)社外取締役及び社外監査役との関係
  当社の社外取締役染谷光男氏、根岸康二氏及び青木良元氏、また社外監査役近藤忠男氏はキッコーマン株式会社の役職員を兼務しております。当社は、同社の子会社であるとともに、同社との間において、定常的な営業取引を行っております。また、当社の社外取締役山口勝巳氏は株式会社紀文食品の取締役を兼務しております。当社は、同社との間において、定常的な営業取引を行っております。
       (6)会計監査の状況
          当社は、当事業年度まで監査法人トーマツと監査契約を結んでおり、会計監査業務を執行した公認会計士は、下記の2名であります。
       指定社員業務執行社員   三添 禎四郎氏
           指定社員業務執行社員   楠山 正典氏
      会計監査業務に係る補助者は下記のとおりであります。
      公認会計士          2名
      会計士補              3名
      その他               1名
     なお、第86回定時株主総会(平成19年6月20日開催)において、監査法人トーマツは任期満了により退任し、新日本監査法人を当社の会計監査人に選任いたしました。




出典: 株式会社フードケミファ、2007-03-31 期 有価証券報告書