有価証券報告書を3社、または3期分比較分析できる! いますぐトライアルで試す >>
 






セクション一覧

5【役員の状況】

役名

職名

氏名

生年月日

略歴

所有株式数

(千株)

取締役社長

(代表取締役)

 

江崎 勝久

昭和16年8月27日生

昭和39年3月 神戸大学経営学部卒業

昭和41年6月 当社入社

昭和47年11月 取締役秘書室長就任

昭和48年11月 代表取締役副社長就任

昭和57年4月 グリコ栄養食品㈱取締役就任(現任)

昭和57年6月 グリコ協同乳業㈱(現グリコ乳業㈱)代表取締役会長就任(現任)

昭和57年6月 当社代表取締役社長就任(現任)

1,595

常務取締役

経理部長、関連事業担当

穴穗 忠男

昭和11年1月24日生

昭和34年3月 神戸大学経営学部卒業

昭和34年4月 当社入社

昭和58年4月 管理室長

昭和63年7月 経理部長

平成4年6月 取締役経理部長就任

平成8年6月 常務取締役経理部長就任(現任)

関連事業担当(現任)

10

常務取締役

環境管理責任者、広報部長

黒野 成彦

昭和13年1月12日生

昭和36年3月 大阪市立大学経済学部卒業

昭和36年4月 当社入社

昭和63年7月 菓子事業本部販促MD部長

平成7年6月 取締役冷菓事業本部冷菓営業部長就任

平成8年5月 取締役冷菓事業本部長就任

平成12年6月 常務取締役経営企画室長兼管理室長就任、お客様相談室担当(現任)

平成14年2月 常務取締役広報部長就任(現任)

平成14年6月 環境管理責任者(現任)

平成16年2月 新素材営業グループ長

21

常務取締役

品質総括責任者研究開発部門統括、総務人事部長、品質保証部・生物化学研究所・中央研究所担当

大川畑 勝也

昭和13年10月31日生

昭和36年3月 九州大学農学部卒業

昭和36年4月 当社入社

平成6年4月 人事部長

平成9年6月 取締役人事労政部長就任

平成12年6月 常務取締役人事労政部長就任(現任)

平成14年2月 常務取締役総務部長就任(現任)

平成14年6月 品質総括責任者(現任)、研究開発部門統括(現任)、生物化学研究所・中央研究所担当(現任)

21

役名

職名

氏名

生年月日

略歴

所有株式数

(千株)

取締役

 

江崎 正道

昭和19年10月29日生

昭和42年3月 一橋大学商学部卒業

昭和45年12月 江崎グリコ栄食㈱(現グリコ栄養食品㈱)取締役社長室長就任

昭和61年2月 同社代表取締役社長就任(現任)

昭和62年6月 当社取締役就任(現任)

7,240

取締役

 

玄 洋二郎

昭和10年9月25日生

昭和34年3月 大阪市立大学商学部卒業

昭和34年4月 当社入社

昭和61年6月 グリコ協同乳業㈱(現グリコ乳業㈱)取締役総合企画開発部長就任

平成10年6月 同社代表取締役社長就任(現任)

当社取締役就任(現任)

6

取締役

新素材営業グループ長、経営企画室・お客様相談室・グリコピア神戸担当

原 光伴

昭和14年10月6日生

昭和38年3月 大分大学経済学部卒業

昭和38年4月 当社入社

平成8年3月 経営企画室長

平成10年2月 管理室長

平成10年6月 取締役経営企画室長兼管理室長就任

平成12年6月 取締役菓子事業本部長兼菓子開発企画部長就任

平成17年6月 新素材営業グループ長、経営企画室・お客様相談室・グリコピア神戸担当就任(現任)

8

取締役

情報システム部長、ロジスティクス部担当

吉田 安矩

昭和16年2月7日生

昭和38年3月 広島大学工学部卒業

昭和38年4月 当社入社

平成3年11月 生産技術部長

平成6年6月 工務部長

平成10年10月 製造部長

平成11年6月 取締役製造部長就任

平成14年4月 取締役情報システム部長就任(現任)、ロジスティクス部担当(現任)

10

取締役

食品事業本部長

深川 修二

昭和16年7月23日生

昭和39年3月 明治大学経営学部卒業

昭和39年4月 当社入社

平成8年5月 菓子事業本部菓子開発企画部長

平成12年6月 取締役食品事業本部長就任(現任)

18

取締役

菓子事業本部長兼健康食品部長、マーケティング企画室担当

中川 宗和

昭和23年9月8日生

昭和46年3月 早稲田大学第一法学部卒業

昭和46年4月 サンスター㈱入社

平成11年10月 サンスター㈱執行役員

平成12年4月 当社入社

平成13年1月 広告部長兼マーケティング企画室長

平成13年6月 取締役広告部長兼マーケティング企画室長就任

平成14年6月 グリコピア神戸担当

平成16年2月 健康食品部長(現任)

平成17年6月 菓子事業本部長、マーケティング企画室担当就任(現任)

6

役名

職名

氏名

生年月日

略歴

所有株式数

(千株)

取締役

東京駐在、営業統括、広域マーケティング部長、渉外部担当

門奈 俊夫

昭和23年5月18日生

昭和46年3月 関西大学法学部卒業

昭和46年4月 当社入社

平成12年6月 菓子事業本部広域マーケティング部長兼首都圏統括支店長

平成13年6月 取締役菓子事業本部広域マーケティング部長兼首都圏統括支店長就任

平成14年4月 取締役広域マーケティング部長(現任)兼菓子事業本部菓子営業部長就任

平成17年6月 東京駐在、営業統括、渉外部担当就任(現任)

6

取締役

製造部長、技術開発部、製造子会社担当

金子 春義

昭和25年1月11日生

昭和47年3月 九州大学農学部卒業

昭和47年3月 当社入社

平成12年9月 工務部長

平成14年4月 製造部長

平成14年6月 取締役製造部長兼技術開発部長就任(現任)、製造子会社担当(現任)

5

取締役

冷菓事業本部長

森井 健一

昭和20年9月20日生

昭和43年3月 大阪府立大学経済学部卒業

昭和43年4月 当社入社

平成13年4月 冷菓事業本部冷菓営業部長

平成16年6月 取締役冷菓事業本部長就任(現任)

9

監査役

(常勤)

 

山﨑 将史

昭和14年7月26日生

昭和39年3月 山口大学経済学部卒業

昭和39年4月 当社入社

平成3年11月 人事労政部次長

平成11年6月 監査役就任(現任)

6

監査役

 

平野 和男

昭和7年11月30日生

昭和30年3月 神戸大学経営学部卒業

平成6年7月 大同生命保険相互会社代表取締役社長就任

平成9年6月 当社監査役就任(現任)

平成14年4月 大同生命保険㈱顧問就任(現任)

監査役

 

下地 民男

大正11年11月22日生

昭和26年3月 東京大学文学部哲学科卒業

昭和54年11月 陽光監査法人代表社員

平成4年7月 センチュリー監査法人代表社員

平成13年7月 新日本監査法人代表社員

平成14年11月 下地公認会計士事務所所長(現任)

平成15年6月 当社監査役就任(現任)

役名

職名

氏名

生年月日

略歴

所有株式数

(千株)

監査役

 

玉井 英二

昭和6年12月30日生

昭和29年3月 神戸大学経営学部卒業

平成元年4月 ㈱住友銀行副頭取就任

平成4年6月 ㈱住友クレジットサービス代表取締役社長就任

平成13年8月 ㈱レコフ顧問就任(現任)

平成16年6月 当社監査役就任(現任)

監査役

 

太智 幸夫

昭和14年2月15日生

昭和36年3月 横浜市立大学商学部卒業

昭和36年4月 当社入社

平成6年10月 食品事業本部企画室長

平成10年6月 取締役物流本部長就任

平成10年9月 取締役営業管理部長就任

平成11年10月 取締役情報システム部長

平成13年6月 取締役冷菓事業本部長就任

平成16年6月 監査役就任(現任)

9

合   計

18名

 

8,971

 (注)1.取締役江崎正道は代表取締役社長江崎勝久の弟であります。

2.監査役 平野和男、下地民男、玉井英二は、株式会社の監査等に関する商法の特例に関する法律第18条第1項に定める社外監査役であります。

 

6【コーポレート・ガバナンスの状況】

(1)コーポレート・ガバナンスに関する基本的な考え方

 当社は、企業の社会的責任及び企業価値の増大という観点から、コーポレート・ガバナンスの強化・充実を経営上の重要課題のひとつと位置づけております。国内外の事例や教訓をよく踏まえ、実効性のある体制を確立し、競争力を強化し、社会的責任の達成と企業価値のさらなる向上を目指しております。今後も情報開示を通じて経営の効率性を高め、コーポレート・ガバナンスの強化を図ってまいります。

 

(2)コーポレート・ガバナンスに関する施策の実施状況

 ①会社の機関の内容

 当社は監査役制度採用会社であります。監査役会は社外監査役3名を含む5名の監査役によって運営されております。各監査役は取締役会をはじめとする社内の会議に積極的に参加し、取締役の業務執行に関する監査を行っております。

 当社の取締役会は平成17年3月末現在取締役14名で構成されております。取締役会は原則として毎月2回開催し、意思決定の迅速化を図っております。今後も取締役会における決議事項に関しての取締役の経営責任を明確にすることにより、各取締役への権限委譲を積極的に行い経営の効率化を推進してまいります。

 ②内部統制システム及びリスク管理体制の整備の状況

 当社は平成14年5月『グリコグループ行動規範』を制定し、以下に示す7つの行動規範を当社グループのすべての役員及び従業員に周知し、常に念頭におき業務遂行に努めております。

1.お客様の安全・安心を最優先にして、すべての製品とサービスを提供すること。

2.法令・社会規範を遵守し、公正な競争を行うこと。

3.企業情報を積極的にかつ公正に開示し、広く社会とのコミュニケーションを図ること。

4.環境にやさしい企業活動を推進すること。

5.良き企業市民としての責任を自覚し、社会に貢献すること。

6.相互に人格・個性を尊重し、安全で働きやすい環境の維持・向上に努めること。

7.海外での事業活動においては、その国の社会・経済の発展に努めること。

 

 当社は、社長を委員長とする「企業倫理委員会」を設置し、また、社内のイントラネット上に「企業倫理ホットライン」を導入し、社内の法令違反、企業倫理違反の未然防止と早期発見に万全の体制を取っております。

 また、「コンプライアンス委員会」を設置し、全社のすべての部門にコンプライアンス委員を指名し、全社的に業務上の重大な法令違反の発生を防止する体制を確立しております。さらにコンプライアンス委員会と連携した「個人情報管理体制」をつくり、コンピュータシステム上の対応も含め、得意先や消費者等のお客様及び当社の従業員の個人情報管理を徹底しております。

 さらに、企業を取り巻くリスクに迅速かつ的確に対処するために、常務取締役を委員長とする「危機管理委員会」を設け、問題発生時には直ちに対応策を協議し、事態の収拾・解決に当たっております。

 

 ③内部監査及び監査役監査、会計監査の状況

<内部監査>

 特に専門の部署は設置しておりませんが、現在、専門部署の設置を検討しております。当連結会計年度においては経理部が各事業所を監査し、監査役及び担当役員にその結果を報告しております。また、重要な関係会社については、商法監査を監査法人にお願いしております。

<監査役監査>

 期初に策定した監査計画に基づき、業務全般にわたる監査を実施しております。また、常勤監査役は取締役会に常時出席している他、社内の重要会議にも積極的に出席し、法令違反、定款違反や株主利益を侵害する事実の有無について重点的に監査しております。

 

<会計監査>

 新日本監査法人が実施しております。監査法人による監査結果の報告には、経理担当役員及び監査役が出席し、相互に意見交換が図られております。当期において業務を執行した公認会計士の氏名、監査業務に係る補助者の構成については下記の通りです。

(業務を執行した公認会計士の氏名)

指定社員 業務執行社員 : 永原新三(継続監査年数14年)、石橋正紀

(会計監査業務に係る補助者の構成)

公認会計士 6名、会計士補 2名

 

(3)役員報酬の内容

 ①取締役及び監査役に支払った役員報酬

取締役 15名    139百万円

監査役  5名     28百万円

 ②利益処分による取締役賞与金及び監査役賞与金

取締役 15名     41百万円

監査役  5名     4百万円

 

(4)監査報酬の内容

 当社の監査法人である新日本監査法人に対する報酬

監査契約に基づく監査証明に係る報酬の金額  26百万円

(公認会計士法(昭和23年法律第103号)第2条第1項に規定する業務に基づく報酬であります。)

上記以外の報酬の金額            — 百万円

 

(5)社外取締役及び社外監査役との関係

 社外監査役は3名であり、また、社外取締役はおりません。社外監査役との人的関係、資本的関係又は取引関係その他の利害関係はありませんが、社外監査役 平野和男氏が顧問をしている大同生命保険㈱は当社の大株主であります。また当社は大同生命保険㈱の団体生命保険に加入しております。

 

第5【経理の状況】

 

1.連結財務諸表及び財務諸表の作成方法について

(1)当社の連結財務諸表は、「連結財務諸表の用語、様式及び作成方法に関する規則」(昭和51年大蔵省令第28号。以下「連結財務諸表規則」という。)に基づいて作成しております。

 ただし、前連結会計年度(平成15年4月1日から平成16年3月31日まで)については、「財務諸表等の用語、様式及び作成方法に関する規則等の一部を改正する内閣府令」(平成16年1月30日内閣府令第5号)附則第2項のただし書きにより、改正前の連結財務諸表規則に基づいて作成しております。

 

(2)当社の財務諸表は、「財務諸表等の用語、様式及び作成方法に関する規則」(昭和38年大蔵省令第59号。以下「財務諸表等規則」という。)に基づいて作成しております。

 ただし、前事業年度(平成15年4月1日から平成16年3月31日まで)については、「財務諸表等の用語、様式及び作成方法に関する規則等の一部を改正する内閣府令」(平成16年1月30日内閣府令第5号)附則第2項のただし書きにより、改正前の財務諸表等規則に基づいて作成しております。

 

2.監査証明について

 当社は、証券取引法第193条の2の規定に基づき、当連結会計年度(平成16年4月1日から平成17年3月31日まで)の連結財務諸表及び当事業年度(平成16年4月1日から平成17年3月31日まで)の財務諸表並びに前連結会計年度(平成15年4月1日から平成16年3月31日まで)の連結財務諸表及び前事業年度(平成15年4月1日から平成16年3月31日まで)の財務諸表については、新日本監査法人により監査を受けております。

 

 





出典: 江崎グリコ株式会社、2005-03-31 期 有価証券報告書